あっという間に飽きてしまったOneシーズン限りの趣味の家庭菜園

今年4月、新学期が始まる頃に、息子が風邪をひいてしまい、それをきっかけにして喘息の咳が出てしまいました。そうなると、治るのに一週間以上はかかりますが、最後の頃は、多少咳は残っても、元気です。でも、園には行けないし、どーしようか…と考え、プランターで、サラダ菜を育てようと、思い立ち、100均に向かいました。プランター、種を購入し、ホームセンターで土も手に入れ、いよいよ、種まきです。
育てる喜びを感じながら、自分で育てたものなら食べてくれるかもしれない、との親の期待もよそに…全く興味がわかなかったようで、結局全部私がやってしまいました。
が、どういうことか、私の方がハマってしまい、園芸のテレビ番組を欠かさずチェック!で、次は、枝豆を育ててみたくなり、新たにプランターと、土を、書いたして種を巻き始めました。二葉が出てきたときの、嬉しいことったらないです。かわいくて水やりが楽しくて、小さなさやを見つけたときは、なんとも、優しい気持ちになったものです。そんな中、少しバタバタと忙しい時期が続き、水やりを忘れてしまったことがありました。
それでも、少しの間は頑張ってくれましたが、少し元気のない枝豆を前に、なんということか、飽きてきたな…という気持ちがよぎってしまいました。
結局、枝豆は、収穫することなく、カラカラに変貌した苗を先ほど、処分してきました。
私って、優しくないのかな…と思う、今日この頃です。http://xn--n8j1d1ddgf2967ciod77c253a6ra7242a.xyz/