みなし利息というのがありこれがなかなか厄介である

みなし利息というものが存在しています。例えばローンカードの再発行に伴うものをや事務の依頼などはみなし利息の除外とはならないということになっています。みなし利息とは金銭を目的とする消費貸借に関して債権者の受ける元本以外の金銭ということであり、利息制限法の上限金利を計算するときには利息として考慮する必要する必要性があります。要するに手続きをする時にその業者ではないところに依頼した費用などは当然利息として換算されるわけではないということになります。例えば抵当権を付けてお金を借りるということになった時にその抵当権をつけるために司法書士などに依頼するということになったりするのですがその費用も利息計算に入れるべきであるのかといえば当然入れる必要性がないということになります。元本以外の金銭ということではないからというのが、考え方としては正しいです。そこまで難しいことではないのですが注意しておいたほうがよいことではあります。ミュゼ 背中 自己処理